必殺が好き 江戸が好き

江戸時代と必殺仕事人が好きです。好きすぎです

「必殺仕事人DVDコレクション」76号は7月上旬っぽい話!

今回は2018.4.24発行って書いてある「必殺仕事人DVDコレクション76号」です。

本日は6月最終日。明日から7月です。早いですね~~~

関東では昨日梅雨明けしたっていう話ですが、今年の梅雨は雨がしとしと降り続いた、っていう感じが全然しません。

暑くなったり寒くなったりしたことは覚えてるんですが…

というわけで、梅雨明けっていう前から連日30度超えで暑いです!!

真夏の気温で春の話題は… と思ったけど、76号はちょうど今の時期っぽい話でした。

「必殺仕事人Ⅳ」第36話~38話は

・主水流れ星に願いをかける

・せん遂に再婚を決意する

・主水うなぎにナメられる

の3本です!いかにも今ごろのお話!!

f:id:hawotaisetuni:20180630163328j:plain

この76号を開封する前に、たまたま「せん遂に再婚を決意する」をCSの再放送で観ました。

いや~~~これはね、泣けますよ。

せんがゲートボールで出会った、元旗本のしゃきっとした老人といい仲になり、とうとう再婚することに…!

ところがこの旗本老人の義理の息子がお約束のクズ野郎で。

あろうことかそのころ流行っていた命講(生命保険)を父親にかけて、受取人を自分にして

 

…もうみなまで言わずとも分かりますわね?

主水はうるさいばあさんがいなくなるのをこれ幸いとして、せんと旗本老人との仲を応援していました。

こんどの頼み人は主水。仕事料は祝言のためだったお金。

旗本老人が殺されたあと泣き暮らすせんの悲しみぶりに、こっちも泣けてきました。

しかし必殺の物語は、何年たっても今の現代にも通じる話ばかりで、色あせないですよね~~~。

-PR-