読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

必殺が好き 江戸が好き

江戸時代と必殺仕事人が好きです。好きすぎです

畠中恵「つくもがみ貸します」

全然必殺シリーズでは無いのですが、江戸モノが好きなのでそれ関連の本を読んだりもします。

宮部みゆきも結構好きですが、最近は畠中恵がお気に入りで、江戸モノに限らず全部制覇中です。

しゃばけシリーズ」は有名です(と思いたい)が、この「つくもがみ貸します」は、妖怪は妖怪でも、世に誕生して長い間を経て、「つくもがみ」という妖怪になった古道具たちが絡んでくる話です。

 

つくもがみ貸します (角川文庫)

 

妖怪たちの形状は想像するしかないですが、本に登場するのは蝙蝠の形をしている根付の「野鉄」とか、姫様人形の「お姫」、掛け軸の「月夜見」、帯どめの「黄君」など、わくわくするグッズたちです。

そして損料屋兼古道具屋の「出雲屋」を営むお紅と清次のきょうだいのもとに、いろいろな難題や事件が持ち込まれ、つくもがみたちをうまく使ってそれらを解決していく…という感じの物語集です。

 

まあこのきょうだいの間にも事情があって、実はホントのきょうだいじゃないし、姉の方は「蘇芳」というものに執着し続け探し続けています。

そして清次の方はお決まり、お紅のことがずっと気になっていたり…

 

付喪神」になるためには100年の時間が必要だそうですが、ただ100年経っただけでは妖になることはできなそうです。やっぱりそこには「大事にされた」というオプションが不可欠なようですね!

ということは家電だと100年大事に使い続ける…というのは無理かもしれませんねえ。

っていうか身の回りに100年使えそうな何か、ってありますか?!

 

唯一可能性がありそうなのはウチのねこたちが、100年生きたら「ねこまた」になるんじゃないかと期待しているのですが、それにはまだあと80年以上かかるので、多分私がそれを確認することはできないでしょう…なんか悲しくなってきた!

 

ってことでこの「つくもがみ貸します」も妖怪&謎とき&江戸という、1粒で3度おいしいみたいな本になっています。

主人公はほぼ清次ですが、この作者の江戸モノに共通している感じの、優しげでおだやかそうな人物です。

話の終わり方から見てシリーズ化はないかな?どうかな?という感じですが、もっといろいろな付喪神も見てみたいので、続編を期待したい作品の一つです!

 

 

なりたい